広島市内 普門寺の副住職でいらっしゃる吉村昇洋さんの著書、
『禅に学ぶ くらしの整え方』をご紹介します。

“禅式そうじ術”、”住まいと心を磨く”など、たくさんの教えの中に、
“キッチンは心と身体を整える場所”の章には、
水龍のお酒も御仲間に加えていただいています。

酒屋とは違った視点からの、日本酒を読みました。

手造りで、酵母や麹といった生き物と向き合いながら造る 醸造酒。

本のおかげで、気持ちを新たに今季の醸造ラストスパートを切れそうです。

160122_1332

160122_1332