2005年1月6日中国新聞ひとネット 水龍 中野光次郎

2005年1月6日中国新聞ひとネット こだわりの酒 造りたい

掲載文のご紹介

こだわりの酒 造りたい

「地酒は年市のあいさつの手土産に一番。その土地土地の個性が楽しめる」と話すのは、「水龍」で知られる酒造会社中野光次郎本店(呉市)の中野光次郎代表。ホームページ(HP)では、「酒造りの環境を知らせたい」と、地元吉浦の風土の紹介に力を入れる。秋の吉浦の祭りにちなんだ「祭り酒」など季節ごとに企画酒を限定販売し、旬の酒を楽しめる提案もする。年末年始恒例の酒「おとし玉」も昨年12月に発売。「お節料理に合う。2週間で完売した」と喜ぶ。

「業界の現状は厳しい。こだわりの酒を造り、酒の楽しさを伝えたい」